HFH-F008
HFH-F008

©Inoue Noboru

press to zoom
HFH-F006
HFH-F006

©Inoue Noboru

press to zoom
HFH-F020
HFH-F020

©Inoue Noboru

press to zoom
HFH-F008
HFH-F008

©Inoue Noboru

press to zoom
1/42

HFH
葉山の2世帯住宅

WHAT

住宅

WHERE

葉山町

WHEN

2021.05

高台に建つ住まい、2世帯住宅への建替え計画。
親戚付き合いが深く、仕事柄たくさんの客人を招くことも想定され、
常に"他者"が滞在することを許容する、いわば「2.5世帯」の生活の場が求められた。

1階は半分を親世帯エリア、もう半分を子世帯エリアに分け、子世帯エリア側に客間を付属させた。
2階は全面を子世帯エリアへとしている。

「中空」としての中庭
 世帯内 / 世帯間 / 近隣、各々に求められる適切なキョリ感を、
 建物の中心に据えた中庭で調整する事を意図している。
 植栽で彩られ光や風は通るが、庭と呼ぶまでには至らないスケールで、
 室内の一部にも感じられる曖昧な中間領域となる。
 中庭に巻き付くようにカウンターや本棚、ベンチ等の家具を設え、
 回遊する動線が生活の場として機能する。
 また、床や天井の段差、建具の設えが、ひとつながりの空間を緩やかに

 分節している。

外に導くリビング
 2階LDKは「2.5世帯」が一同に介する場となり、デッキテラスと内外一体で

 利用される。
 キッチンからリビング、そしてデッキテラスに向かって床と天井が

 ステップし、空間の気積を変えながら外部環境へと連続する。

回遊する屋上
 屋上全面に敷かれたデッキ空間は、中庭に巻き付いてステップし、

 場所毎に景色や体験が変化する。
 最頂部からは、周囲の屋根を眼下に富士山を背景にした海を一望することが

 できる。
 雄大な景色の中で思い思いに時を過ごす場所となる。